派遣先の病院では何事も起こりませんように・・・。

この前の夜勤は、入院患者さんたちの体調も落ち着いていて、久しぶりに穏やかな夜。
見回りを終えてきた私に、先輩が一言。
「何ともなかった?大丈夫?」
患者さんはゆっくり休まれていたし、訳がわからず「全然。穏やかでしたよ」と答えました。
先輩はまだまだ怪訝な表情のまま「ならいいんだけど、まぁ、うん」と言葉を濁してる…。
…あー、やな予感。

「先輩、もしかして『みえた』んですか?」
医療機関、特に病院に勤めていると必ずと言っていいほどあるホラー系のお話。
鈍感な私にも、確実にみえた、というほどではないけど、不思議だなぁと思う出来事のひとつやふたつはあるほど。
先輩はいわゆる霊感が強い人で、度々そういう出来事に出くわしてて、今までも色々エピソードを聞いてきました。
「あのねー、怖がらないで欲しいんだけど。うん、悪いのじゃないんだけど。」
…先輩、前置きだけで怖いです。
「さっき、あなたが見回る方の廊下に、何人かのこどもが走り抜けていく足音と影がみえたんだよね。楽しそうだったんだけど。」
私が担当する場所を指差して平然と言う先輩。
マジか。やだ、聞きたくなかった。
どんなに少なくても最低1時間に1回は見回る。それ以外のケアもあるから、ちょいちょい行くのに。
「悪い子じゃないと思うからー」

先輩の言葉なんて何の気休めにもならず、でも、仕事を放棄するわけにもいかず、私は朝がくるまでものすごいビビりながら、担当部屋を回りました。
手に握りしめてるライトは手汗でびちゃびちゃだわ、無駄に鼻歌を歌いながら回るわ、夜中に目が覚めてしまったなんて患者さんがいたら、「話し相手がいた!ひとりじゃないわ!」なんてウェルカム状態。
日がのぼり、明るくなって日勤に引き継いで…何事もなかったことに安心しながら、休憩室に戻りました。
「お疲れ様でした。もー、先輩が怖いこというからいつも以上につかれましたよー。」なんて帰り支度をしながら言うと、先輩がおもむろに取り出したのは小さなジップ付きの袋。
「背中だして」というから背を向けると、先輩は私に塩を撒いたのです。
「こどもってついてきやすいのよ。私、何度か連れ帰ったことあるから念のため」
とニコニコしながら、平然という先輩。

…お陰で私は何事も起きていませんが、見えなくていいものがみえるってのも、色々大変なんだなぁと思いました。
今後私は派遣看護師へと転職することが決まっている矢先のこの出来事。
⇒⇒⇒看護師 派遣 名古屋
これからはひとつの病院でなく、いろんな病院を回るのに・・・。

それにしても、病院ってやっぱり色んなモノが集まるんですね…

看護師や介護士のストレス対処法

看護師や介護士など、ストレスを抱えながら仕事をしている医療関係者は非常に多いです。そこでストレスをどうやって対応するか紹介します。

◼仕事を一人で抱え込まないこと
ストレスを非常に抱えている方で、一人で仕事を悩んで追い込んでしまっている方がいます。
同僚や上司に悩んでいることやストレスがたまっていることを話してくださいね。
話すことによってストレスが解消されたり、悩んでいることが解決する場合がありますよ。

◼ストレスを持っていても行動しながら解決していく。
ストレスが非常にたまってドクターストップがかかっていないなら、仕事で行動してストレスを解消してくださいね。
仕事をどんどんやっていくことでストレスが解消される場合がありますよ。
しかし注意しないといけないのはストレスが、かかり過ぎて行動してしまいますと心の病になってしまいますから、悩みすぎていたら、心療内科や精神科に受診するといいですよ。

◼心療内科や精神科に受診すること。
ストレスでご飯が食べれなくなったり眠れなくなっていたり、億劫で普段楽しいことを何にも楽しくなくなっていたら、心療内科や精神科に受診するといいですよ。
最近は心療内科や精神科に受診することは、何にも恥ずかしいことではないですから気楽に受診してくださいね。
医師と話したり、臨床心理士とカウンセリングしたり薬を飲むことによって、ストレスが解消されることがありますよ。

◼ほどよいストレスはいいこと。
ストレスを全くなくすことを考えない方がいいですよ。
ストレスはほどよいストレスがかかっていた方が緊張感があり仕事が上手くいきますよ。
ストレスを全部悪と考えないでくださいね。

上記が、わたしが看護師として働いている立場で、ストレスにどうやって対応しているかの紹介です。ほどよいストレスはいいですが、日常生活に支障が出ていたら、上記の紹介した方法で対策してくださいね。少しでも参考になって楽しく仕事ができるようになれば嬉しいです。あと、私が今の職場を見つけるときに参考にしたサイトも紹介しておきますね。とてもおもしろいサイトなので、こちらも参考になりますよ。
http://xn--gmqs82ao1bivxnwminvxoi.com/

私が看護師になるきっかけを作った小さな女の子

学生時代、たまたま整形外科に行ったときのこと。割と時間的余裕もあったのでのんびり行ったけど、いつものように受付を済ませて整形外科の待合のイスのところに行くと、何やらその場の様子がバタバタと慌ただしい。

整形外科の処置室をひっきりなしに出入りしている人たちは、救急隊員の人たちやら警察署の人たちやらと、病院関係者以外の人たちだった。待合椅子に腰かけながらそわそわしている様子の人たちとの間で交わされる会話も「お顔は見られましたか」とか、その言葉のいちいちからも何とも切迫した様子が伝わってきた。
どうやら私がここへ来る寸前に、誰か緊急で救急搬送されたんだなと憶測。救急隊やら警察関係の人が来ているところを見る限り、事故か何かがあって誰か運ばれてきた人がいたんだなという感じだった。そして待合で待機している人たちはその人の身内と思われる人たちだった。

何人か、その救急搬送された人の身内の人たちが集まる中、通常の外来患者だった私は普通に自分の名前が呼ばれるのを待っていた。するととなりにその身内の人の中の男性一人と、これまた小さな身内とおぼしきベビーカーに乗った赤ちゃんと2歳ぐらいかなという小さな女の子が待機中。もちろん全員知らない人たちだった。

その緊急搬送されたであろう人を巡って何かと慌ただしい空気の中、待機中のその男性は一人で二人の小さい子供を託されている様子だった。いつもと違う雰囲気に緊張しているのか、泣き声だけでは男の子か女の子かちょっと分からなかったけど、ベビーカーにいる方の赤ちゃんの方がうわーんと泣き続けていた。2歳ぐらいの女の子を私の隣の空いている待合椅子に座らせ、ベビーカーの方の泣いている赤ちゃんを懸命にあやす男性。どうにか赤ちゃんをなだめようとする男性の傍らで、今度は2歳児の子の方がお父さん私もかまって~と云わんばかりに泣き出しそうになるわで、お父さんも二人のちっちゃい子抱えて大変だなと察した。

ふと、私の隣にいた2歳の子がその小さな手を私のアウターを触り始めた。いつもと違う状況下で自分の隣に私という知らない人がいることが珍しいのか気になるのか、何度も何度も私のアウターにちょこちょこっと触ってきた笑。何をしてあげられるというわけでもないこともあって、それでその子が泣き止むならいいと思い、その子からのタッチに「ん~?」という感じでふふっとほほ笑みながら応じる私。むしろそのしぐさにはこっちの方が何だかちっちゃい子どもの純粋な温もりがあってほほえましかった笑。何度も私に触れようとして止まないその子なので、男性が私に「すみませんね~」と言っていた。もちろん子どものやることなので、怒りやしない私だった。

その子の目には涙が伝っていたのでせめて今持ってるハンカチで拭ってあげようとカバンを開けようとしたそのとき、緊急搬送のドアがサッと開いてさっきの救急隊の人が出てきては男性に何か言って誘導した。男性は赤ちゃんと2歳の子を連れて誘導されるままに待合室を去っていった。あのちっちゃい子の涙を拭ってあげることができなかったけど、知らない人ながら皆さんの無事を祈るような気持ちでご一同様の背中を見送らせていただいた。

私は直接そのお姿こそ見なかったけど今日運ばれてきた人のように緊急度の高い人からそうでない人、慢性的な症状の人まで、病院なんだからいろんな状態の人がいろんな形で来る。だからこそ命を預かる現場の重みというものを、その立ち合いをしている身内の方々や救急隊員の人などを間近で目の当たりにしながら、再実感したような出来事だった。

緊急搬送の一部始終など詳しくは分からないし知らない人たちだったけど、よく分からないなりにも切迫している状況なんだなということは傍目にも伝わってきた。私が看護師を目指したのは、これがきっかけだったように思う。そして私も母となり、あの時、私のおアウターを触っていた女の子と同じぐらいの年の娘を抱え、少しでも子供と一緒にいる時間が作れるよう、好条件求人を探す中、ふっとあの時のご一同様が無事だっただろうかと思い出したのだった。
<<看護師 求人 川崎>>

彼女と別れて婚活サイトを利用してます。バレないように。

だんだん愛おしく思えてきた、理想の女友達がいます。

30代中盤の男性です。付き合っていた彼女がいましたが、ひどい破局の仕方をしていまい、今はフリーです。

 

そんな私ですが、最近になって仲の良い女の子ができました。お相手は7つも年下の、若い子です。顔つきはちょっと日本人離れしていて欧米の子みたいな感じで、すらっとした細い子です。猫が特に好きで、家に2匹猫ちゃんを飼っていて、近所の地域猫ちゃんに餌やりをしたりしています。話し方や雰囲気など、全体的にちょっと変わった感じの子ですが、私も発達障害があったりIQがデコボコだったりと十分変わり者なので(笑)そのへんの波長が合うんだと思います。

しゃべり方がいつも一生懸命なところが健気で可愛いです。身長は私と全く一緒で、165センチです。最近の子は身長高いですよね。私は逆に昭和の男なのでチビな日本人です…。2016年のクリスマスには、みなとみらい、ランドマークタワーでデートしました。

でもやっぱり1人の彼女じゃ満足できずに、もうひとり彼女をつくることに心の中で決めました。

今の彼女にバレないように婚活サイトがよいのでは?と思います。こんなサイトを発見したのでご参考までに紹介します。

⇒ 知り合いにバレたら絶対困る!※ばれない婚活サイトとテクニック

それは、さておき今の彼女とは、ちょくちょくイタリアンバルで美味しいピザやパスタを食べて、展望台で横浜の夜景を堪能しました。とてもいい思い出です。その子は実は今好きな人がいて、地元の友人で、なんでも神奈川の某有名企業(たぶん神奈川といったらまず最初に思い浮かべるであろうあの中華料理)の役員の息子で、芸人さんらしいです。

私は女の子に幸せになってほしいので、その恋愛を応援しています。しかし、たぶん結ばれないだろうな、とも考えています。その男性は女性をはべらせてハーレムを築いているようで、相当やり方がうまかったり、家柄とかが良くないと彼の心を掴むのは難しいでしょう…。ですので、私の方針としては、応援するだけ応援してあげて、ダメだったら私のところに来てもいいよ、と誘導してあげることです。

うむ、まさに孔明並みの策略(笑)クリスマスの時点では仲の良い友達というくらいの認識でしたが、最近けっこう本気で好きになってきました。時間があると、将来どのような生活を築いていけばいいか、なんて考えたりしている自分がいます。近々恋愛に強い神社に参拝して、エネルギーをもらってこようと思っています。

英語を必要とする薬剤師の求人はたくさんあります

みなさん、「お薬手帳」をご存知ですか?
東日本大震災の発生時には、自分が飲んでいる薬の名前が分からないけれども、お薬手帳を頼りにいつものお薬がもらえたと、その重要性が言われるようになりました。

でも、何冊お持ちですか?薬局の数の分だけの冊数がありませんか?

患者さんの中には「他の薬局に行ったことがわかっちゃう。」とか、「これは○病院専用のものだから」という人も。
受付で手帳を受け取る際に、またバックの中にある、とわかると、「いちばん最近の手帳はどれですか?」とお声がけします。
すると、出るわ出るわ。コレクションみたいな人もいます。
また、忘れた時に再発行してくれたりするので、「いちばん最近」を探すのが大変の時もあります。

毎週、かわりばんこに貼られている手帳や、家族で共用している手帳もあります。
すでに貼るスペースのない手帳を持ち歩き、新しい手帳はうちにあるという人もいます。

確かにかさばることや忘れやすいことや、なかったらすぐに再発行できるので自然と増えてしまうこともあるのでしょう。

お薬手帳は、あなたのお薬の履歴書です。1冊にまとめてくださいね。
調剤薬局の薬剤師たちは、他の薬局のシールが貼ってあっても嫌な気持ちになったりしませんし、違う病院に行ったとしても別になんとも思っていませんよ。
「今はこのお薬を飲んでいるんだな。」「このお薬を飲んで具合が悪くなったのか。」「この病院に処方について確認してみよう」など、あなたのお薬の歴史を知るために見せてもらっているのですから。
堂々と、他の薬局の名前の入ったお薬手帳をお出し下さい。
そうすることでよりあなたの「かかりつけ薬局」として、力を発揮することができます。

わたしの勤務する総合病院のすぐそばに、門前薬局があります。
そこには、わたしの古くからの知人が薬剤師として勤務しているのですが、彼女は非常に英語が堪能なんです。
そんな彼女は、今の薬局に勤務してもうすぐ半年になりますが、英語力を活かせる薬剤師の求人をずっと探していたそうです。
いろいろとネット検索をして、こちらのサイト⇒薬剤師英語の求人にたどり着き、無事に採用されたと話していました。

あなたのお薬手帳は今、何冊ありますか?
もし複数あるのだったら、これをきっかけに1つにまとめてもらえると嬉しいです。
どうしたら良いのかわからなかったら、あなたのかかりつけ薬局に相談してください。

今ではスマホで一括管理という薬局もでてきました。
確かにかさばったり、持ち忘れたりすることはありません。お薬手帳も進化しています。
ただしその場合、バッテリー切れだけには注意してくださいね。

病室で禁断の恋の始まり?そんなドラマか!

入院患者と看護師
私の兄が先日、盲腸にかかり病院に入院することになりました。
そこで起こったとんでもないお話です。
やはり、おいしい話には何かあるのだと、とても勉強になりました。

兄には奥さんが居たのですが、子どもはいません。
結婚して10年ぐらい経ちますが、仲良く二人で暮らしていました。
そして、ある日盲腸となり、奥さんもそれはそれは心配していたのですが、兄はとんでもないことをしでかしたのです。

それは、担当の看護師と恋に落ちてしまったのです。
看護師は独身でかなり歳下の、可愛らしい方でした。
兄が身の回りのお世話をしてもらった際に、一目惚れをしてしまったそうです。
看護師さんも嫌がる様子はなく、受け入れてしまったそうです。これぞいけない恋ですね!許されない恋故に、さぞ燃えたでしょう。
毎日かかさず奥さんもお見舞いに行っていたのに、そんなドラマみたいなことがあるのですね。

兄は入院で心が弱っていたときに、彼女が天使に見えたそうです。
確かに華奢で笑顔の可愛らしい人でしたが、奥さんがいる人から奪い取るようには見えませんでした。女って怖いです!
そして、兄は退院後すぐに奥さんと離婚協議に入りました。
色々ともめたそうです。奥さんからしたら、それはそうですよね!
盲腸を治しに入院したはずが、離婚になるとは…。しかも、そんな若い女の子と。

別れてからすぐ兄は、その看護師さんと付き合い、トントン拍子で再婚しました。
しかし、それで話は終わらないのです。
その後、その若い嫁はしでかしたのです。
結婚後も看護師として勤務していたのですが、兄が嫁の異変に気づきました。
何か様子がおかしいと…。それでわかったことなのですが、その若い嫁は自分が担当の患者さんと不倫をしていたのです。
恐らく彼女は、不倫や浮気の常習犯だったのでしょう。
それを見抜けず、まんまと魅了され、嫁を棄てて若い娘に走った兄が、ほんとうに情けなかったです。

今では若い嫁と別れて、未練たらしく元嫁に泣きついているようです。
兄は可哀想ですが、自業自得ですね。