看護師や介護士のストレス対処法

看護師や介護士など、ストレスを抱えながら仕事をしている医療関係者は非常に多いです。そこでストレスをどうやって対応するか紹介します。

◼仕事を一人で抱え込まないこと
ストレスを非常に抱えている方で、一人で仕事を悩んで追い込んでしまっている方がいます。
同僚や上司に悩んでいることやストレスがたまっていることを話してくださいね。
話すことによってストレスが解消されたり、悩んでいることが解決する場合がありますよ。

◼ストレスを持っていても行動しながら解決していく。
ストレスが非常にたまってドクターストップがかかっていないなら、仕事で行動してストレスを解消してくださいね。
仕事をどんどんやっていくことでストレスが解消される場合がありますよ。
しかし注意しないといけないのはストレスが、かかり過ぎて行動してしまいますと心の病になってしまいますから、悩みすぎていたら、心療内科や精神科に受診するといいですよ。

◼心療内科や精神科に受診すること。
ストレスでご飯が食べれなくなったり眠れなくなっていたり、億劫で普段楽しいことを何にも楽しくなくなっていたら、心療内科や精神科に受診するといいですよ。
最近は心療内科や精神科に受診することは、何にも恥ずかしいことではないですから気楽に受診してくださいね。
医師と話したり、臨床心理士とカウンセリングしたり薬を飲むことによって、ストレスが解消されることがありますよ。

◼ほどよいストレスはいいこと。
ストレスを全くなくすことを考えない方がいいですよ。
ストレスはほどよいストレスがかかっていた方が緊張感があり仕事が上手くいきますよ。
ストレスを全部悪と考えないでくださいね。

上記が、わたしが看護師として働いている立場で、ストレスにどうやって対応しているかの紹介です。ほどよいストレスはいいですが、日常生活に支障が出ていたら、上記の紹介した方法で対策してくださいね。少しでも参考になって楽しく仕事ができるようになれば嬉しいです。あと、私が今の職場を見つけるときに参考にしたサイトも紹介しておきますね。とてもおもしろいサイトなので、こちらも参考になりますよ。
http://xn--gmqs82ao1bivxnwminvxoi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です